独立する前に

Preparation

独立は容易ではない

独立=経営者になりますので、調剤業務の他に、経営状況の把握・舵取り、ドクターや従業員への対応も考える必要があります。また、個人が独立開業する際の最も大きなハードルとして、開業資金の準備があります。多くの方は金融機関からの借入れを検討されるかと思いますので、融資相談対応が必要です。

また、諸々の準備が整っていても、そもそも独立する店舗が無ければ開業出来ません。希望が集中する都市部は競争率が激しいため、地方での開業が検討可能であれば、独立のチャンスは大幅に広がります。

薬局業界について

薬局業界の最新動向

調剤報酬改定、薬価改正に伴い、調剤薬局の収益力は減少傾向を続けています。特に、近年の報酬改定にて、大手及び中堅チェーンに対する規制が強まり、技術料が大きく減少する要因となりました。これまで、拡大を続け、買収一辺倒だったチェーン薬局も、徐々に規制にかかる店舗の切り離しを始めています。

独立希望者にとっての業界環境の変化

集中率の規制は、現状4万枚、40万枚/月にかかるチェーン薬局のみが対象となり、薬局店舗の約7割を占めるパパママ薬局は対象になりません。 大手チェーンから切り離された店舗も、枚数規制の対象から外れるため、個人薬剤師の独立はしやすい環境に変化してきていると言えます。

薬局業界を取り巻くリスク

今後の報酬改定の中で、チェーン薬局のみならず、パパママ薬局も規制の対象となる可能性はゼロではありません。後発医薬品調剤体制加算等、現在算定可能な加算も無くなっていく可能性も大いにありますし、逆に在宅対応が強く求められていくなど、これまでの様にただ処方箋を待っている時代ではなくなりました。今後更に、地域に根付き、薬局毎に特色を出せなければ淘汰される業界になっていくと思われます。
10年後に薬局業界の環境がどうなっているかは誰も分かりませんが、少子高齢化による医療費高騰時代において、調剤報酬制度の好転は見込めません。そのような時代に差し掛かる前に、生き抜いていける薬局を築くためにも、早期の開業が望ましいと言えます。

独立するメリット

独立することにより、収入の増加、自由な運営・時間管理、やりがい等、薬剤師さん各々違ったメリットを感じています。それらは、勤めているだけでは感じられない物であり、リスクを負ってでも、つかみ取る価値のある物です。 独立薬剤師.comでは、「失敗しない独立」をコンセプトに、出来る限りリスクを抑えた独立の支援を提案しています。
詳細はこちら

新規開局とM&Aの違い

独立薬剤師.comのコンセプトでもある「失敗しない独立」の最大の要因は、「M&Aによる独立」であると言えます。新規開局では、軌道に乗るまでに一定の期間が必要となりますので、その間、店舗収支は赤字が続く事が多く、また果たして軌道に乗るところまで伸びるのかどうかの確証もありません。M&Aでは、これまでに実績のある既存店舗を譲り受けるため、収益のイメージが容易で、蓋を開けてみたら想定と違った、という事態を未然に防ぐことが出来ます。
詳細はこちら

最適な薬局の選び方

本当に身の丈に合った薬局か見極めて選ぶ事が重要です。
条件は良くても、譲受金額が高額で投資回収に相当の期間を要する場合や、過剰な応需枚数で自分以外の薬剤師を雇う必要があり、人員手配に困窮するなど、自身で対応しきれない店舗では、極論的に運営自体の破綻リスクがあります。
また、最適な薬局を選ぶには、最適なパートナー(独立支援会社)を見つけることも重要です。昨今、独立開局を支援する会社が急速に増加しています。ただただマッチングだけを急ぎ、人生をかけてチャレンジされる薬剤師さんの想いを最優先しない心無い業者が数多く見受けられます。早まった判断を避けるためにも、10年超調剤薬局のM&Aに専門特化し、信頼関係を最優先してきた弊社にぜひご相談下さい。
詳細はこちら